笑顔の女性

躁鬱病と向き合う治療【自分の症状を知って病気を治そう】

クリニックの診療

医者と看護師

医療機関を選びましょう

躁鬱病の場合には、躁の時期とうつの時期が交互に巡ってくるのが一般的です。病院では躁鬱病の治療に様々な薬が使用されます。場合によっては抗うつ剤なども一つの選択肢です。ですが、躁鬱病においてはこういった抗うつ剤の効果が出にくいことがあるのが問題と考えられています。特に双極性2型と呼ばれるタイプの躁鬱病の場合は、抗うつ剤は余りメリットの期待出来ない薬です。このタイプはうつの時期が長い傾向にあることから、状況次第で抗うつ剤が処方されることもあり得ます。しかしこのような選択には一定のリスクが伴うことを理解しておくことが必要です。躁鬱病に特異的な症状として、躁転と呼ばれる現象が挙げられます。躁転は気分の変動が著しく生じるのが特徴で、時に自殺などの異常行動に繋がる症状です。躁鬱病の中には急速交代型と呼ばれるタイプが存在しますが、このタイプは特に気分の変動が激しく状態に常に気を配る必要があります。抗うつ剤の乱用は、こういった急速交代型の躁鬱病を誘発してしまう一因です。従って躁鬱病の治療では、一定の慎重さが求められます。最近は心療内科や精神科の質にも差が生じているため、病院を選ぶ際には信頼出来る医師が常駐しているか否かに注意をすることが大切です。

保険適用が増えています

精神疾患の治療は長びくのが常であり、経済的な負担も大きくなりがちです。そのため保険診療で受けられる薬物療法が、これまでの主流でした。近年、心理療法にも健康保険が使えるようになり、認知行動療法を提供する病院も増えています。こういった心理療法が保険で受けられる病気は現時点では限られていますが、うつ病を始めとする精神疾患が対象になったことで病院の診療内容も大分変化している状況です。認知行動療法は、精神疾患の生じている大元に働きかけられる点が人気を得ています。保険診療で受けられるようになったことで、さらにニーズが高まっているのが本当の所です。保険診療の場合には医師自らがこういった心理療法を行なうパターンが多く、技術的な面でも信頼出来るのが一つの魅力と言えます。躁鬱病は精神疾患の中でも治療期間が特に長くなる病気です。従って、保険適用の診療が増えれば様々な点でメリットが得られます。躁鬱病では気分の変動が激しい時期があるのが一つの問題ですが、そういった時期のフォローとしても認知行動療法は人気です。精神状態が整うことで薬の調整がしやすくなることが多く、精神疾患の薬で生じやすい副作用を減らすことが出来ます。

Copyright© 2016 躁鬱病と向き合う治療【自分の症状を知って病気を治そう】All Rights Reserved.