笑顔の女性

躁鬱病と向き合う治療【自分の症状を知って病気を治そう】

早期治療が必要な精神疾患

看護師

躁と鬱を繰り返す

躁鬱病は専門名称を双極性障害といい、躁すなわち気分の昂揚した状態と鬱すなわち抑うつ状態が交互にあらわれる精神疾患です。誰でもうれしいことがあれば楽しい気分になりますし、つらいことや悲しいことがあれば落ち込んだ気分になります。これに対して躁鬱病ははっきりした理由がなくても気分の変動が起きること、そしてその程度が常識的な範囲を超えて極端になりがちであることという特徴があります。ちなみに躁状態の具体的な症状としては、おしゃべりになる、自分は何でもできるかのように感じて気が大きくなるなど一見良いようにも見える症状に加えて、集中力の低下や浪費癖、モラルを顧みない暴走など自分の制御が効かなくなると言われています。一方、鬱状態の時は不眠や食欲不振や何に対しても興味がわかない、疲労感や無力感が継続して自暴自棄になるなどがあります。とある調査報告によれば、躁鬱病は自分で命を失ってしまう方が他の精神疾患に比べて非常に高い病気であるとされています。これは躁と鬱が繰り返しあらわれることから、鬱の時に躁状態であった頃の自分を思い出して強い自己嫌悪にかられるからだと考えられています。こうした調査結果に対する認知が進むことで、今後は専門病院における適切な治療の重要性がますます認識されるようになるものと考えられます。

適切な治療で改善を目指す

躁鬱病の発症パターンは人によってさまざまで、躁または鬱の状態が数週間程度で交替することもあれば数か月または数年にわたって続くこともあります。また、躁と鬱の間には比較的気分の安定した時期が訪れるのが一般的ですが、これも人によっては一晩ぐらいで劇的に変化することがあります。さらにこの病気は原因がはっきりしておらず、現時点では遺伝的要因、環境的要因、本人の性格などさまざまな因子が複雑に絡み合っているものと考えられています。こうしたことから、躁鬱病を本人や周囲の人間がきちんと認識することはなかなか困難です。しかし放置しておくと状態がさらに悪化するおそれがあるため、少しでも異変を感じたらできるだけ早く専門病院で診断してもらうことが推奨されます。病院で躁鬱病を診てもらう際の診療科は、精神科になります。他の精神疾患に比べると治療は長期化する傾向にありますが、適切な治療と周囲の協力によってこれまで多数の患者が改善へと至っています。病院における躁鬱病治療は、薬物療法と心理療法が主体となります。薬物療法では気分安定薬や抗精神病薬を中心にして、必要に応じて抗うつ薬や抗不安薬を併用します。心理療法では心理教育・認知行動療法・対人関係療法などを通じて自らの行動と周囲との関係をコントロールする訓練をおこないます。

Copyright© 2016 躁鬱病と向き合う治療【自分の症状を知って病気を治そう】All Rights Reserved.