笑顔の女性

躁鬱病と向き合う治療【自分の症状を知って病気を治そう】

躁うつのサポート知識

笑顔の女性

一筋縄ではいかない病気

躁鬱病の一番恐ろしいところは、自分がしたことで周囲から反感やひんしゅくを買い、うつ状態になった時にその責任を取ることができなくなってしまう事です。躁状態の時のハイな気分の時に周囲に迷惑を掛けたり、他人の言うことを聞かずに独善的に物事を進めてしまいます。そして時間がたって、今度はうつ状態の時に躁状態の自分がやった事に対する責任を取らなければならなくなったり、周囲から責められたりすると何も言えなくなったり、自分が消えて無くなりたいと思うような強い不安や孤独感に襲われてしまい、夜も眠れず食事を食べる事ができなくなって摂食障害を起こしてしまう人もいます。このように躁鬱病の患者さんはハイになっている時の責任に対する対処ができなくなってしまったり、周りの人が対応に疲れ切ってしまう事で自分に大きく自信を失っていってしまい、最終的には自ら自分の人生を終えてしまうという人もいる恐ろしい病気です。これは躁鬱病という病気だと分かれば早いうちに家族などが気がつき病院へと診察してもらう事ができますが、本人は病気では無いと思っているため家族の協力がなければ改善されることや治療にすら結びつける事ができない、対処が非常に難しい精神病です。「ハイとうつの時とがある」というわかりやすいポイントを家族や周囲の人が知っていれば比較的早いうちに病院の医師に説明して治療に結びつける事ができるため、本人も周囲の人も損失を被る事無く過ごしやすくなると言えるでしょう。

重要な信頼関係

躁鬱病の患者さんは、自分自身が精神病に罹患していると気がついていない場合も多いです。躁鬱病の患者さんは一見すると普通の一般の人と同じように生活している事に加えて、本人もなるべく周囲の人に迷惑をかけたり、無駄な損害を与えないようにするために気を遣って取り繕っている場合もあります。そのため家族や周囲の人たちが躁鬱病だと気がついて、病院で診療を受けた時には既に病気が重くなってしまっているといったケースもあります。現在では医学が進歩し、神経伝達物質の量を薬によって制御する事ができるようになってきています。病院での治療においてこうした薬を活用したり、医師から受ける適切な治療をする事で躁鬱病とうまく付き合いながら生活をする事が可能になります。そのためできるだけ理想的な治療環境に近づけてゆくためにも、病気かもしれない、何度も同じようなトラブルが繰り返されていると感じたら、できるだけ早めに医師に相談して治療してもらう事が大切になってきます。また家族や、周囲の信頼関係がある人たちが、患者さんの病気に早く気がつく事ができれば、本人の負担も軽減され改善に結びつきやすくなります。躁鬱病かどうかのチェックポイントは精神病のポータルサイトの多くや、精神病の本などに詳しく紹介されているものもあるため参考にしてみましょう。近年では個人でも比較的手軽にチェックする事ができるようになっている基準が作られ、精神病の見分けがわかりやすくなりました。こうした基準を元に、医師に相談するきっかけを作ってみることも大切です。

Copyright© 2016 躁鬱病と向き合う治療【自分の症状を知って病気を治そう】All Rights Reserved.